公募美術団体 一般社団法人 旺玄会

公募美術団体 旺玄会は公募展「旺玄展」への出品者を募集しております。

OHGENKAI
出品のお申し込み お問合せ
  • HOME
  • 旺玄会略史
  • 会員・作品紹介
  • 展覧会
  • 公募について
  • 絵画研究
  • 本部・支部連絡先
  • TOPICS
  • 法人公告
  • リンク
  • 公募美術団体 旺玄会 公募について
    第84回記念旺玄会展覧会出品規程について
     第83回旺玄展では、一般出品者が増加しましたが、その構成を見ると、10歳代、20歳代の若い人が増えると同時に、最高年齢81歳まで、幅広い年代の方が応募されました。
     また、作品水準にも向上が見られたほか、旺玄会にこれまで無かった作風の絵も登場し、 洋画におけるミクストメディア、鉛筆画、版画におけるデジタルアートといった作品も増え、作品ジャンルの幅が大きく広がってきた印象があります。
     これは、「画の探求、我の調和」、「生涯在籍の美術大学」を指向し、若い作家から年長者まで自由な発想のもとに切磋琢磨する、旺玄会のあり方が、次第に受け入れられつつある傾向ではないかと、手応えを感じております。
     例年、出品規定につきましては11月に正式発表し、この時期には前年の出品規定をお示しし、作品制作については、それをもとにスタートして頂くようお願いしておりましたが、本年は、昨年の出品傾向を踏まえ、よりご応募しやすい表現に改めて、この時期に発表し、安心して制作を進めて頂けるよう、配慮いたしました。
     なお、内容について、お分かりになりにくい点等ありましたら、以下の連絡先にお問い合わせ下さい。
               【連絡先】
               〒195−0054 東京都町田市三輪町58−25  片山 聖三
               電話:080-5382-1933、 FAX:044-988-6603
               電子メール:fwka5694@nifty.com または seizo.k1139@outlook.jp
    第84回旺玄会展覧会出品規程(一般応募作家)
    会    期 平成30年(2018年)5月20日(日)〜27日(日)
    但し5月21日(月)は休館日
    会    場 東京都美術館(東京 上野公園)ロビー階第1〜第3展示室
    搬  入 日 5月8日(火)、5月9日(水) 両日10時より16時30分まで
    搬 入 場 所 東京都美術館 地下3階 旺玄会受付
    地 方 出 品
    (株)川端商会 東京都葛飾区堀切2−16−2 TEL : 03−3691−3200
    彩美堂椛ォ立営業所 足立区南花畑4−33−7 TEL : 03−5242−3701
    (株)東美本社 渋谷区本町5−30−12 TEL : 03−3376−8148
    ヤマトロジスティクス(株)
    東京美術品公募展支店
    〒135-0062
    東京都江東区東雲2−2−3
    東雲ビル2階
    TEL : 03-3527-6683
    各社気付旺玄会宛に送付し、5月5日(土)までに到着のこと。
    (出品原票、作品預り証は自書の上、出品料と共に同社に送付する)

    地元に適当な搬入代行会社がある場合は、その会社をご利用下さい。
    出  品 画 洋画(油彩、パステル、水彩、アクリル、ミクストメディア、鉛筆、色鉛筆、コラージュ等)
    日本画(含水墨画)
    版画(含デジタル・アート)
     他の公募展に未発表の作品とする。(一人1部門、平面作品に限る)出品画には額縁を付ける。額縁幅は7cm以内、作品保護のため、絵面より周囲1cm以上突出していること。水彩画20号以上、版画30号以上は、マットを含め12cm以内。版画の小作品については制限なし。水彩画、パステル画、ミクストメディアなど画面保護の必要なものは、樹脂ガラス(アクリル)を使用する等自己責任において処置の上出品して下さい。(ガラス不可)。
    大きさ、点数 20号以上100号まで、120号、130号(FPM)は縦可。出品点数5点まで。
    (但し、版画で銅版等は4号以上、木版、石版、孔版等は6号以上。)
    規定外の作品は受け付けない。
    出  品  料 3点まで9,000円、1点増す毎に2,000円。
    奨 励 制 度 平成30年5月9日(水)時点、25歳以下出品料無料、30歳以下半額。
    搬 入 手 続 作品裏面に向かって右上部(木枠)に作品添付票をのり付けし、出品原票、作品預かり証に記入の上、出品料を添えて作品と共に指定の場所に搬入する。
    出品書類は、*の指定箇所全てに楷書ではっきり記入すること。
    搬入、搬出に必要な経費は自己負担とする。出品画裏面に直接本人の氏名、題名及び取扱所を明記する。搬入に要した梱包材は各自持ち帰ること。
    審    査 本年度審査委員、外部特別審査員によって審査をおこなう。
    入 選 発 表 文書郵送により通知する。
    (電話での問合せには応じられない。)
      賞 優秀作品に対しては、文部科学大臣賞、東京都知事賞、旺玄会賞、牧野賞、玉之内賞、田澤八甲賞、損保ジャパン日本興和美術財団奨励賞、上野の森美術館賞、奨励賞、努力賞、新人賞、佳作賞、その他の賞を贈る。
    そ の 他 陳列作品は、いかなる理由があるも会期中は搬出することが出来ない。
    出品画については十分注意するが不慮の災害に対してはその責を負わない。
    搬    出 選外作品の搬出は、5月20日(日)22日(火)10時〜15時迄、陳列作品は、5月31日(火)10時30分〜15時30分迄、東京都美術館地下3階旺玄会搬出場所にて、出品預り証を提出し、作品と引き替えること。
    指定期日に搬出されないものについては、会はその責を負わない。やむを得ず搬出されない方は、上記の川端商会に連絡し、保管を依頼すること。
    テレビ放送 本展出品作品のテレビ放送権は本展の中継放送ならびに紹介放送を目的とする場合に限り本展開催中、展覧会主催者に帰属する。
    本展開催期間中に収録した録画物の放送の期間は、本展開催中及び終了後の1年以内とする。
    授賞式懇親会 5月23日(水)17時30分より上野精養軒において開催する。
     大作中心の展覧会となりますが、20号、30号の作品も、その良さが十分発揮出来るような陳列方法を考えたいと思っております。
     なお、応募書類の発送は、平成30年1月末になりますが、出品のお申し込みは、本HPを通じて、または、連絡先(事務局長)宛の電子メール、FAX、郵便にて受け付けておりますので、ご連絡下さい。来年1月末、出品関係資料が出来次第、送料は会負担でお送り致します。但し、電話による申込は、聞き間違いも生じますので、なるべく書いた文字による申込を歓迎致します。
    出品のお申込みはこちら
    このページのTOPへ